天国に至るために必要な手順と14の言葉 – ジョジョ6部ストーンオーシャン

天国に至るために必要な手順と14の言葉 – ジョジョ6部ストーンオーシャン

奇妙だけど力強い絵柄、ポーズ、セリフの言い回し。

クセだらけだけど印象的で記憶に残るジョジョの奇妙な冒険。ですが、記憶には残るのになかなか覚えきれないシーンもあります。

そのNo.1(当社比)がジョジョ6部ストーンオーシャンの「天国に至るための手順」と「14の言葉」

ってなわけで、自分の備忘録用に「天国に至るために必要な手順」とプッチ神父が放った「14の言葉」をば。

天国に至るために必要な手順

天国へ至るため14の言葉を唱えるプッチ神父

ジョジョの奇妙な冒険Part6ストーンオーシャン11巻より ©️荒木飛呂彦 / 集英社

必要なものは『わたしのスタンド』である

『ザ・ワールド』

我がスタンドの先にあるものこそが人間がさらに先に進むべき道なのである

必要なものは信頼できる友である

彼は欲望をコントロールできる人間でなくてはならない

権力欲や名誉欲 金欲・色欲のない人間で

彼は人の法よりも神の法を尊ぶ人間でなくてはならない

いつかそのような者にこのDIOが出会えるだろうか?

必要なものは『極罪を犯した36名以上の魂』である

罪人の魂には強い力(パワー)があるからである

必要なものは『14の言葉』である

わたし自身を忘れないように

この言葉をわたしのスタンドそのものに傷として刻み付けておこう

必要なものは『勇気』である

わたしはスタンドを一度捨て去る『勇気』を持たなければならない

朽ちていくわたしのスタンドは36の罪人の魂を集めて吸収

そこから『新しいもの』を生み出すであろう

「生まれたもの」は目醒める

信頼できる友が発する14の言葉に知性を示して…

『友』はわたしを信頼しわたしは『友』になる

最後に必要なものは場所である

北緯28度24分 西経80度36分へ行き……

次の「新月」の時を待て……

それが『天国の時』であろう……

ジョジョの奇妙の冒険Part6 ストーンオーシャン11巻 新月の時! 新神父 より ©️荒木飛呂彦 / 集英社

ちなみに、PS3 / PS4で発売されたゲームソフト「ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブヘブン」ではifストーリーとして「天国に至ったDIO」が登場します。

スティールボールランの大統領のスタンド能力、D4Cによって存在する別の世界で〜っていうオリジナルifストーリー。

MARVELがMCU / アベンジャーズシリーズで導入して話題のマルチバースってヤツですね。

で、DIOは自身で天国に至ることで新たなスタンド「ザ・ワールド・オーバーヘブン」能力を獲得。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、プッチ神父が得た「時を加速させる」能力とはまた違うものでした。

「メイド・イン・ヘブン」がプッチ神父自身が望む「天国」に至るための能力だったように、天国にたどり着いた人の望みを叶えるための能力が目覚めるのかもしれません。

とはいえ、「ザ・ワールド メイド・イン・ヘブン」ではなく「ザ・ワールド・オーバーヘブン」だったので、メイド・イン・ヘブンのさらに先をいった能力だった可能性もありますが……

実はゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブヘブン」やってないから詳細は知らん!

暇ができたらやってみたい。

バンダイナムコエンターテインメント
¥29,000 (2022/10/06 13:04:04時点 Amazon調べ-詳細)

14の言葉

「らせん階段」……!

「カブト虫」!

「廃墟の街」!

「イチジクのタルト」!

「カブト虫」……!

「ドロローサへの道」

「カブト虫」!

「特異点」!

「ジョット」!

「天使(エンジェル)」!

「紫陽花」

「カブト虫」!

「特異点」!

「秘密の皇帝」!!

ジョジョの奇妙の冒険Part6 ストーンオーシャン11巻 新月の時! 新神父 より ©️荒木飛呂彦 / 集英社

ちなみに、この14の言葉を発するのは下記巻数&エピソードでのこと。

  • ジャンプコミックス版 / 電子書籍カラー版:ストーンオーシャン11巻
  • 文庫版 / 電子書籍モノクロ版:ストーンオーシャン 7巻(文庫版通算46巻)

ジョジョの単行本は連載当時に発売されたジャンプコミックスと、のちに発売された文庫本の2種類あります。

文庫本の方が一巻ごとの収録話数が多い&最後に荒木飛呂彦先生によるあとがきがあったり。

で、電子書籍版ではジャンプコミックスをベースに話数は少ないけどオールカラーとなっているカラー版と、文庫本をベースに電子書籍化したモノクロ版に分かれます。

(モノクロ版はビッグボリューム版とも表記されたり)

この辺りの事情は下記ページでも詳しく解説していますので、よろければあわせてご覧くださいまし。

マンガカテゴリの最新記事