アニメ

1/6ページ

ネタバレ注意 – 1期ラストのスレッタってアレだよね – 水星の魔女

誤解で父親殺ししちゃったグエル・ジェタークくんに、地球寮の仲間にスパイバレしたニカ姐。 スレッタとミオリネもあんなことになって。 みんなの学園生活どうなっちゃうの~!? ウッソだと言ってよスレッタ!!! いやホント、あの引きは大河内 一楼脚本の真骨頂ですよね。 私の豊富な…

【悲報】スレッタとエリクトは別人、11人姉妹ともどもエアリアルの中に、がほぼ確定 – 水星の魔女考察

タイトルの付け方が古くてすみません。でも本当に悲報なんだもの。 もう水星の魔女がエヴァか黎明卿みたいになってきました。なるほどそれでOPテーマの曲名が祝福ですかそうですか。 これまでも水星の魔女のエアリアル、エリクトとスレッタについて考察してきたんですが、いよいよ確定的に…

ガンダム世界の核融合炉はなぜ核爆発する?

数あるガンダム作品の中でもメインである「宇宙世紀」世界のモビルスーツは、現実世界でも研究・開発が進んでいる核融合炉が使用されています。 で、このあたり詳しい方だと「ガンダム世界の核融合炉はなぜ核爆発するの?」と疑問を持つ方がいらっしゃいます。 結論、アニメなど作品を作ると…

エアリアルの中身はエリー1人じゃない説 – 水星の魔女

第6話 鬱陶しい歌で本編がPrologueの21年後とわかり、エリーことエリクトはスレッタではない説が確定(ほぼ)。 同時にプロスペラがエリーでスレッタはその娘説も否定されました。年齢的にちょっと無理がある。 ってことで、エリーはエアリアルのなかにいるなんて度し難い仮説の…

エアリアル=エリーの可能性が濃厚に – 水星の魔女

第6話 鬱陶しい歌でついに、水星の魔女作中の時系列が判明。 本編はエピソード0 Prologueから21年経過です。12年ではなく21年! これでスレッタとエリー別人説がほぼ確実に。4歳だったエリーが21年経過で16、17歳では計算が合わないので 同時にエリー=プロスペラ…

スレッタとエリーは別人? エリーの子ども説【水星の魔女】

鉄血のオルフェンズに続くアニメガンダム、水星の魔女で盛り上がってるある仮説をご紹介します。 エピソード0のエリー=スレッタではなく、スレッタはエリーの娘説です。 そして、エリーの母エルノラと思われるプロスペラこそ、エリーってわけです。 「違う、エリーじゃない」ってダブスタ…

ガンダムシリーズで残念な作品3選

基本的に好きではないものをあえてブログに書かないよういんしています。 好きでも語りきれてないのに、わざわざけなすようなことを書くこともないし? でも書いちゃうんだなァ! これがァ! 残念な作品=ディスっているつもりはなく、せっかくいい作品なのにここだけ残念、ってニュアンス…

逆襲のシャアでギュネイは死亡してる?

不朽の名作 機動戦士ガンダム 逆襲のシャアはアムロやシャアの生死がはっきり描かれず、議論を呼んだ作品です。が、影に隠れてもうひとつ謎が。 ネオジオンの強化人間 ギュネイ・ガスの生死です。 アムロとシャアの影に埋もれてあまり話題にもならなかったけど。 結…

原作と違う「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」のセリフ – 閃光のハサウェイ

ハサウェイが大立ち回りをして偽マフティーたちをちぎっては投げる劇場版 閃光のハサウェイ序盤の見どころ。 ハサウェイに行動を促した声、「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」の正体を解説します。 印象的なシーンだけど、そもそも誰のセリフかもちょっとわかりにくいですよね。 やっ…

原作での「身構えている時には、死神は来ないものだ、ハサウェイ」はこう違う- 閃光のハサウェイ名セリフ

ガンダム史上、ファンにもっとも嫌われている主人公といえるハサウェイ。ハッキリ言ってSEED序盤のキラにも勝るクズ。 なぜかそのハサウェイが主役となった劇場版 閃光のハサウェイ劇中、あるセリフがガンダムファンたちのなかで話題となりました。 ファンサービスともいえるアムロ登場…

1 6