アニメ

1/4ページ

竜とそばかすの姫の疑問点を考察 – アンベールの正体とか

竜とそばかすの姫、観てきた。よかった。面白かった。面白すぎてIQ下がりそう(もう下がってる)。 本当によかったのですが、ちょっと引っかかる部分や疑問点があったので考察。 野暮は承知のうえで吐き出させてください。 ああなるべく物語の核心には触れないようにしていますが、すでに…

時空検閲官の部屋の意味 – トップをねらえ2!

トップをねらえ2!の最終話 あなたの人生の物語の終盤、突然出てきた多元宇宙内 時空検閲官の部屋。 突然の展開についていけないのではないかと思いますが大丈夫、私も初見のときは全くついていけませんでした。 しかし、ブラックホールとか特異点についていろいろ勉強した結果…

圧倒的な音楽と映像体験 – 竜とそばかすの姫レビュー&感想

遅ればせながら、細田守監督の最新作 竜とそばかすの姫観てきました! スタジオ地図ものは全部観てる私としては竜とそばかすの姫を外す理由がない! ネタバレなしで軽く感想をば。 結論、めっっっちゃくっちゃ面白い 竜とそばかすの姫 公式サイトより ©︎スタジオ地図 音楽が映像が演…

宇宙怪獣と変動重力源の正体、あとトップレスとか – トップをねらえ2!

Amazonプライムビデオにトップをねらえ!とトップをねらえ2!がprime特典で配信きてて、久々に観ちゃいましたよ。 アツい、アツすぎる! しかしやっぱわかりにくいですよね。特にトップ2の宇宙怪獣とか変動重力源とか。今回は宇宙怪獣と変動重力源の正体をば解説します。 なぜ…

第5話の敵前逃亡、ノノが立ち去った理由 – トップをねらえ2!

「トップをねらえ2!」の終盤「第5話 星を動かすもの」で、エグゼリオ重力変動体を前に、共闘を申し出るラルク。しかし、ノノはラルクをも置き去りに姿をくらましてしまいます。 「この展開で敵前逃亡とかある!?」と叫びたいところですが、ノノには戦うわけにはいかない理由があったんで…

シン・エヴァ劇場版が無茶苦茶でも面白かったワケ

新劇場版の完結編となったシン・エヴァンゲリオン劇場版。 観てからすでに結構経ちますが、ようやくテンションが落ち着き、感想(?)を書きたい気持ちになってきたので軽く吐き出します。 本記事はシン・エヴァ劇場版を含むエヴァンゲリオン作品のネタバレを含みます。ご注意ください。 Q…

大人になった私の尻を蹴りあげる、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

はじめてエヴァンゲリオンを観た当時、私は14歳の主人公 碇シンジくんより年下でした。それがいまとなっては劇中のミサトさんよりも年上。 似たような事情の方、多いのではないでしょうか。なんなら、ミサトさんや加持さんは軽く飛び越えて碇ゲンドウの方が歳が近い、なんて方もいらっしゃ…

1分でわかる、鬼滅の刃 超速知ったかマニュアル

劇場版 無限列車編で邦画史に残る空前絶後のをおさめるほどの大ヒットをみせた鬼滅の刃。 「キメハラ」なんて言葉も生まれ義務教育課程の必修科目みたいになってますが、作風の好みもありますし、時間がなくてなかなか観れない、読めない方もいらっしゃるでしょう。 そんな方でもなんとなく…

エキドナとステラの思惑を考察【アニメリゼロ2期前半クール】

リゼロ2期の前半クール、物凄い散らかりようでしたねぇ。 強欲の魔女エキドナ、嫉妬の魔女ステラ、僕の嫁ミネルヴァを含む大罪の魔女全員が勢揃いしたお茶会、強欲の使徒ガーフィールと聖域に加えて多兎、腸狩りのエルザに魔獣使いメィリィ、さらにはロズワールの裏切り。忘れちゃいけない暴…

冒頭とラストの轍の意味考察 – 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

度重なる公開延期もありましたが、ようやく完結をみた劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン。美しく純真な獣が武器に、人形に。そして一人の女性となる物語の完結にふさわしい最後でした(これで完結かは不明だけど)。 語りたいことは山ほどありますが、ここはあえて一点に絞って作中印象…

1 4