小説

1/4ページ

阿選はなぜ謀反を起こしたか【十二国記 白銀の墟 玄の月】

2019年に発売された新作白銀の墟 玄の月にてようやくの終わりを見た戴の物語。黄昏の岸で十数年待ち呆けた私にとっては長く厳しい冬の雪解けでしたが、一点だけ腑に落ちなかった点が。 そもそも阿選はなぜ謀反を起こしたか。妖魔まで抱き込んで謀反、多くの者が失敗してきた穴も埋め、偽…

【氷菓原作】古典部シリーズを読む順番

京都アニメーションによるアニメ化で一躍えるたそブームを引き起こした氷菓・古典部シリーズ。 アニメ化時のタイトル「 氷菓 」として目されることが多くなりましたが、原作としては古典部シリーズが正式名称です。 原作タイトルはアニメ中でサブタイトルとしても利用されており、原作の読…

<氷菓>関谷純の生死考察と、古典部シリーズ今後の展開予測

古典部シリーズの第一巻、氷菓事件の鍵を握る関谷純。千反田えるのおじにして、伝統ある古典部の大先輩でもあります。 作中では失踪したまま死亡した扱いとなりますが、実際に関谷純は死んでしまったのか、はたまた生きているのか。 私、気になります! 妄想と願望混じりの説なので、話半分…

やっぱ十二国記は完結してない、かも【続編への光明】

私、18年ぶりの長編新作 白銀の墟 玄の月の発売に前後し、畏れ多くも「 十二国記シリーズのメインストーリーは白銀の墟 玄の月で完結 」と書いていたのですが。 これが私の間違いだった可能性が出てきました。 つまり十二国記ファンにとっては続編への一筋の光明が……! まさしく、…

屍人荘の殺人もカレーうどんも本格推理です【小説版ネタバレなしレビュー】

浜辺美波さん、神木隆之介さん、中村倫也さんと豪華キャストでの実写映画化で盛り上がる屍人荘の殺人。 映画をご覧になった方もまだの方も内容が気になる方も多いかと思います。 さきに結論を。失礼ながらハッキリ言います。 おそらく、作者の今村昌弘先生は狂人の類です。 ネタバレなしと…

小指殺しの魔眼の匣の殺人:ネタバレなしレビュー【屍人荘超え?】

ミステリーらしからぬ特殊設定と映画化で話題の屍人荘の殺人が気になって気になって、ついに読みました。 だけど本記事のテーマは続編にあたる魔眼の匣の殺人です。 大丈夫私もよくわからなかった。気づいたときには屍人荘の殺人どころか魔眼の匣の殺人まで読破してた。 ※本記事はネタバレ…

【12月末まで!】十二国記 新作短編 先行全員プレゼントの申し込み忘れてない?

18年ぶりに発売された待望の十二国記 長編続編 白銀の墟 玄の月。まだ読了してないあなたも、戴ランドから帰ってこれないあたなも、読み終えてすっかりつまらない日常に戻ったあなたも。 白銀の墟 玄の月購入特典、新作短編集の一話を先に読める全員プレゼントの申し込み、済ませました…

十二国記シリーズは白銀の墟 玄の月で完結?【続編長編はないのか】

実に18年ぶりの長編続編 白銀の墟 玄の月 発売で注目を浴びた十二国記シリーズ。 この盛り上がりで新規に入った方も古参のファンの方も気になるのが、今後十二国記シリーズの新作続編が出るのか。 なお、本記事は魔性の子から白銀の墟 玄の月まで既刊をすべてお読みなっていることを前…

【十二国記考察】正頼の外見は若者か老人か

みんな大好き戴国は瑞州の令尹にして泰麒 蒿里の傅相であり、戴国随一の麒麟の尻フェチ 正頼。 今回は正頼の外見が若者か老人かを考察します。 さきに断っておきますが、十二国記本編中で直接言及されておらず実際どちらかはわかりません。 ただ、正頼は若い見た目でも老人でも両立できる…

【十二国記】新潮文庫 完全版と講談社X文庫ホワイトハート版の違い(講談社文庫も)

18年ぶりの長編新作に盛り上がる十二国記シリーズ。改めて読み直す方だけでなく、これから読みはじめようって方も多いかと思います。 ただ、十二国記シリーズって巻数が多いうえに講談社版と新潮社版が存在したり講談社版も二種類あったり。 どれを買うのが正解かわからないアナタのために…

1 4