原作と違う「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」のセリフ – 閃光のハサウェイ

原作と違う「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」のセリフ – 閃光のハサウェイ

ハサウェイが大立ち回りをして偽マフティーたちをちぎっては投げる劇場版 閃光のハサウェイ序盤の見どころ。

ハサウェイに行動を促した声、「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」の正体を解説します。

印象的なシーンだけど、そもそも誰のセリフかもちょっとわかりにくいですよね。

やっちゃいなよ日産! そんなゴーンなんか!

声の主は誰?

「やっちゃいなよ、そんな偽者なんか!」

やっちゃいなよ! そんな偽物なんか! 劇場版 閃光のハサウェイより © 創通・サンライズ

結論、「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」はクェスの声とギギの声を重ねたセリフ

実際に逆襲のシャアでクェス・パラヤを演じた川村万梨阿さんが収録に参加しました。

クェスとギギ、それぞれ数パターンの音声を収録して重ねることで、あの白昼夢のような印象的な演出に仕上がっています。

この辺りの事情は2021年7月4日、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶で明かされました。

ちなみに、劇場版 閃光のハサウェイではほかに古谷徹さん、やまちゃんこと山寺宏一も出演。

古谷徹さんは当然アムロ役。で、山寺宏一さんといえばギュネイ・ガス!?

回想シーンでもあるんだろうか、それともやっぱり生きていたのか!?(ワクワク!)

と思いきや。なんとギュネイは影もない。結局、山寺宏一さんが声を当てたのは別のキャラクター。

一応名前付きのキャラクターだけどさぁ。完全にやまちゃんの無駄遣いだろそれ!!

原作とはセリフがちょっと違う

なお、閃光のハサウェイの原作小説と映画版とではセリフに少し違いが。

原作小説では「やっちゃいなよ、そんな偽物なんか!」ではなく、

「マフティーだなんて、ウソをいう連中なんか、やっちゃったら!?」

劇場版 閃光のハサウェイより / © 創通・サンライズ

となっています。劇場版のセリフに比べるとちょっと長い。

印象的なシーンですから、映画では言い切りやすいように短くまとめたのでしょうか。

ちなみに個人的には「やっちゃいなよ、そんな偽者なんか!」だと思ってる。

ただ、「やっちゃいなよ そんな偽物なんか」で検索されることが多いようなので迎合して「偽物」にしました。

世の中に迎合した形だけど、しょうがないよね!

粛清されちまうから!

アニメカテゴリの最新記事